特徴を知って理解しよう

女性

前兆を見逃さないように

こんな症状が出たらうつ病と言う物はありません。うつ病とは様々な症状が出ます。睡眠障害から肩こりなどの身体的な症状から、長い間に意欲が出なかったり不安な気持ちが続くなどの身体的な症状まで多岐にわたります。しかし、様々な症状の中でも注意すべきものがあります。2週間以上にわたり「憂鬱な気分」や「どんな物にも興味や意欲が持てない」状態が続く場合はうつ病である可能性が高くなります。この前兆を見逃し、うつ病の状態が重症化した場合は入院しなければいけません。なぜなら、うつ病が重症化すると「憂鬱な気分」から「何もかも悲観してしまう気分」に変化し、最終的には自殺を実行するケースに発展することがあります。そんな状態になると、自殺と言う最悪なケースを避けるために病院で入院する必要性が出てきます。また、入院することで生活のリズムを整えるための指導やカウンセリングを行って悲観的な思考を転換させることが可能になります。ただ、入院しなければいけない状態になる前に家族などが異変に気づき、初期の段階で専門医の診察を受け適切な治療を受けるべきです。精神科などでうつ病と診断を受けます。治療を続ける中で入院しなければならない時が来ます。その場合でも様々なケースがあります。例えば任意入院とは患者本人の意志で病院に入ることを言います。これは精神保健福祉法において入院する時はできる限り本人の意志によって決定するように義務付けられています。本人が病院に入ることに同意していないが、うつ病の状態から家庭での療養することができないと医師が判断し、3親等以内の家族が同意することで可能になる医療保護入院があります。その上、うつ病は重症化すると自傷行為を繰り返すようになります。自分は生きるのに値しないと考え、自殺しようとします。そうなると、家族は常時監視しなければいけなくなります。しかし、そんな対応は不可能なことです。そこで、病院に入れることで最悪な状態を避けることができます。最後は、自傷行為を繰り返し、家族や他人に危害を加えたりする可能性があると、精神保健指定医2名が必要と判断していれば、本人や家族の同意なしで措置入院をさせることができます。このように、様々なケースがあることを事前に知っておけば専門医に診察しやすくなります。

Copyright© 2018 怖がらずに入院してうつ病を治そう【自分を取り戻すことも可能】 All Rights Reserved.